ムダ毛処理によって肌トラブルを起こすことは多々あります。
毛嚢炎、埋没毛、色素沈着などがトラブルとしては多く見られます。
このような肌トラブルはムダ毛処理の頻度や、ストレスの負荷の大きさに比例しています。
処理方法として一番トラブルを起こしやすいとされるのが毛抜きによる処理ですが、これは一本抜くのを一回のストレスと換算します。
となるといくら頻度として一週間に一度の処理となったとしても、痛みを感じる回数は多いので「一番肌に負担をかけるムダ毛処理方法」となってしまうのです。
その次にはカミソリによる処理となりますが、毎日ムダ毛と格闘するほどの頻度となります。
当然肌トラブルを起こしやすいムダ毛処理方法とされています。
電気シェーバーで処理する場合には、肌への負担を軽減する工夫が各社なされていますので、毎日処理したとしても肌トラブルは起こしにくいものとなっています。
ムダ毛のセルフ処理の中で一番デメリットの少ないものは、電気シェーバーによるものです。
その他は、毛抜き、カミソリの順でデメリットを被りやすい処理法となります。

ホーム RSS購読 サイトマップ